師匠とわたし(免許皆伝編)開始します!


そろそろ、経営者、リーダー向けに
バリ島の亡き師匠とのストーリーを
もう1段階ギアを上げて描く時期が来た
とこの頃思っています。


「師匠とわたし」シリーズはアメブロの方で展開してきた
わたしの書いた文章の中では反響が大きく、
人気?のシリーズです。

2段階に分けて書き足してきた亡き師匠との関係の物語。
非売品の書籍教材「Live travel log」における
ファン投票でもとても人気のあったシリーズです。



今日は、わたしのとっての師匠とは何か。
そして今わたし自身が女メンター、師匠と呼ばれるように
なってきた過程で感じていることをちょっとだけ
書いてみたいと思います。




わたしには師匠がいます。
師匠と呼ぶのはたった二人。
バリ島の亡くなった師匠と、
その後師匠の遺言を成就するかのように再会を果たした
現在の社交の師匠。


わたしにインターネットマーケティングやビジネスを教えてくれた先生、
若い頃にしっかりとヘアメイクを教えてもらった先生は
どちらかというと巨匠と言う感じ。
師匠とは違う感じです。

巨匠たちは、
その分野の草分け的でありながら
今も変わらず最先端を走り抜けながらも
独自の世界を貫いておられる。
巨匠はどちらかというとアーティスティックで
自分の世界を追求しておられる方たち。
何しろ発想が自由。
行動は自由奔放でどちらかというとある意味傍若無人気味。

世界が開けていて、視野が広く、禁忌がない。
型破りで誰にも支配されず独善的でありつつも平和。
アンビバレンスというかなんというか・・・。

日常彼らと一緒にいることはほとんどありませんが、
常にわたしの意識の中にその精力的な活動内容は入っていて
必要なときに必要な刺激を間接的に与えてくれる存在。


一方で、
「師匠」とは不変の原理を伝えてくれる人。
太古の世界から引き継がれてきた叡智や伝承を引き継いでいる
シャーマンというとちょっとチャラすぎて彼らには似合わない。
原理原則に則って生きていて、仙人ではなくとても人間らしい。
二人三脚、常に弟子のことを意識の範疇に置き察知し、
成長を促し、見守り、時には厳しい条件を突きつけて道を昇らせる。
一人前に認められるまでに時間はかかるし、ある意味厄介であり、
そして誰よりも自分を理解してくれている人。
ああ、この人には全くもって隠し事や小細工なんて通用しない。
そういうふうに感じさせる威厳がある。
それでいて家族であり優しい存在。

わたしの中でははっきりとそう言った違いがあるのです。


なんでも習える
誰でも情報発信が出来る
そんなコンビニエントな現代の情報社会において
師匠と弟子というのはとても軽んじられているように思います。
誰でもなんとなくパクって、なんとなくオリジナルだと思い込んで、
なんとなく陳腐化した世界観を外に配信できてしまう時代。
それが今だとわたしは思っています。


でも、わたしはとにかく幼い頃から
「真実が知りたい」と思っていました。

その子供の頃の知りたかった真実とは、


世界の真理、原理原則、神様とわたしって何か?



ということに他ならなかったんだな。だからこういう人生なんだな。
自分が人と徹底的に違う。
群れられない。
好きになるものが同世代や周りの人と徹底的に違う。
人を好きにはなるけれど信頼することとはまた違うということを
幼い頃から体感し続けてきた人生。

自分の生き様を自分で認められていなかったな。まだまだ。


そういうことをコロナの自粛期間にしっかりと自分を見つめ直した
ことで再認識したのです。

今、誰かに素晴らしいことを教えてもらっていても

その教えを自分の人生に活かせていない人が多い


という現実を沢山見てきた結果なのかもしれません。

貴方が教えてもらったことを十分に自分の人生に生かせるように。
少しでも参考になればと、
経営者・リーダー向けの「師匠とわたし」をシリーズ化して掲載しよう。
そう思いましたので、是非読んで見てください。


いつまで、経済だけを追いかけますか?
経済をとった先に貴方が得たいモノは一体なんですか?
そもそも、そういうものがあってやっていますか??
承認欲求を満たすために動きすぎて自己肯定感を本当の意味で忘れていませんか?


今わたしが皆さんに問いかけたいことを、
師匠との思い出を語ることでお伝えしたいと思います。

バリ島の師匠の話はわたしが今でも反芻して学ぶ大切なこと。
経営者、リーダーの皆さんにこそ伝えたいことだと思っています。

Life Compass 人生に恋する人の羅針盤

世界を旅する経営者専門鑑定士・女メンターasacoによる女性起業、一般個人、経営者、コンサル実践者向けのセッション・セミナー、才心アカデミー等の活動をお知らせする公式サイトです。 少数精鋭x高額xリピートの概念を行動に移し、人生をより豊かに過ごすことを伝えるスペシャリストを目指す。自分の人生に恋ができるくらい楽しい毎日を送る幸せな起業、経営に必要な人生の羅針盤をお届けいたします。